TOP > スペシャル・コンテンツ > 関連書籍&展覧会グッズ

Books and Goods News By NADiff BAITEN
関連書籍&展覧会グッズ

東京都写真美術館2階にあるアートショップ、ナディッフバイテンから、
「愛について アジアン・コンテンポラリー」関連書籍&グッズの情報をお届けします。

09 –14 出品作家の関連書籍 特集・第二弾

09 キム・オクソン/Kim Oksun『Happy Together』(Arts Counsil Korea刊 2006年)

Kim Oksun『Happy Together』(Arts Counsil Korea刊 2006年) 価格 5,400円(税込)

Kim Oksun『Happy Together』(Arts Counsil Korea刊 2006年) 価格 5,400円(税込)

本展に出品の〈ハッピー・トゥゲザー〉シリーズを収録。
ドイツ人と結婚し、韓国・済州島で暮らすキム・オクソン。
彼女と同様に、外国人と生活を共にするカップルを撮影した写真集。

被写体になったカップルたちに、必ず「一緒にいて幸せ?」と質問したという、キム・オクソンのその真意とは? 詳しくは、当サイトで公開中の作家インタビュー映像「自由を模索し、“輝く”者たち」で!(webスタッフT.)

10 キム・オクソン/Kim Oksun『No Direction Home』(PHOTONET刊 2010年)

Kim Oksun『No Direction Home』(PHOTONET刊2010年) 価格5,184円(税込)

Kim Oksun『No Direction Home』(PHOTONET刊2010年) 価格5,184円(税込)

本展に出品の〈ノー・ディレクション・ホーム〉シリーズを収録。
韓国・済州島に住む外国人の自宅を訪ねて撮影した写真集。
主にアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏出身の外国人で、それぞれ英語教師、地方新聞記者、旅行会社、スキューバ・ダイビングのインストラクターなどの仕事についている。故郷を離れ、異国の地に暮らす彼らは、自分らしい生き方を求め、自由を模索する人々だ。

11 キム・オクソン/Kim Oksun『Hamel’s Boat』(Geonhi Art Foundation刊 2006年)

Kim Oksun『Hamel’s Boat』(Geonhi Art Foundation刊 2006年) 価格 5,400円(税込)

Kim Oksun『Hamel’s Boat』(Geonhi Art Foundation刊 2006年) 価格 4,320円(税込)

韓国・済州島に住む外国人を撮影した、本展出品作家キム・オクソンによる2006年の写真集。
タイトルの「ハメルの船」とは、1630年に難破し済州島に上陸したオランダ人の船乗り、ヘンドリックス・ハメルに由来しているという。

12 キム・オクソン/Kim Oksun『Jeju Island』(Hatje Cantz 刊 2018年)

Kim Oksun『Jeju Island』(Hatje Cantz 刊 2018年) 価格 6,480円(税込)

Kim Oksun『Jeju Island』(Hatje Cantz 刊 2018年) 価格 6,480円(税込)

済州島の火山島の木々を撮影した本書。
木の形、色などの相違点と類似点を比較することで、それぞれの個性を示しており、またそれらは、長い間、生と混沌が深く混ざり合う同じ場所にたたずむ人々のようである。出品作家、キム・オクソンによる最新作。

13 ホウ・ルル・シュウズ/Hou Lulu Shur-tzy『Out of Place – A Trilogy on Kaohsiung Military Dependents’ Villages』(Kaohsiung Museum of Fine Arts, Taiwan 刊 2017年)

Hou Lulu Shur-tzy『Out of Place – A Trilogy on Kaohsiung Military Dependents’ Villages』(Kaohsiung Museum of Fine Arts, Taiwan 刊 2017年) 価格 2700円(税込)

Hou Lulu Shur-tzy
『Out of Place – A Trilogy on Kaohsiung Military Dependents’ Villages』
(Kaohsiung Museum of Fine Arts, Taiwan 刊 2017年)
価格 2700円(税込)

本展出品作家、ホウ・ルル・シュウズが、台湾・高雄市美術館(Kaohsiung Museum of Fine Arts)にて2017年に開催した個展のカタログ。
作家は、高雄市内にある軍事扶助村、眷村(けんそん)の文化を保全する活動に携わっており、村の住民が経験した試練と苦難を共有してきた。
本書は2013年に出版された『Here is where we meet』、2015年に出版された『Remains of the Day』に続く、〈高雄眷村三部曲 A Trilogy on Kaohsiung Military Dependents’ Villages〉シリーズ、3つ目の作品集となる。

最被写体となった住人たちと信頼を築き、制作された本作ですが、その過程や背景は、ホウ・ルル・シュウズの作家インタビュー映像「歴史に翻弄された村、兵士とその家族たち」や、公式インスタグラム(www.instagram.com/top18aboutlove/)のポストで!(WebスタッフT.)

14 ホウ・ルル・シュウズ/侯淑姿『女性影像書寫 侯淑姿影像創作集(1989-2009)』(典藏藝術家庭 刊 2012年)

侯淑姿『女性影像書寫 侯淑姿影像創作集(1989-2009)』(典藏藝術家庭 刊 2012年) 価格 ハードカバー版 7,776円(税込) / ソフトカバー版 6,480円(税込)

侯淑姿『女性影像書寫 侯淑姿影像創作集(1989-2009)』(典藏藝術家庭 刊 2012年)
価格 ハードカバー版 7,776円(税込) / ソフトカバー版 6,480円(税込)

父権社会に対する抵抗を示した代表作「窺」シリーズ(1996年)など、ジェンダーやフェミニズムの視点から作品を制作してきた台湾を代表する女性作家、ホウ・ルル・シュウズの1989年から2009年までの作品を収録。

2018-11-18T10:29:23+00:00