TOP > スペシャル・コンテンツ > L子(仮)の現場レポート

「愛について アジアン・コンテンポラリー」
@東京都写真美術館
ウェブサイト スタッフBlog

L子(仮)の現場レポート

L子(仮)の現場レポート 第七回 「イルミネーションの季節です/家族の関係に悩んだ出展作家ジェラルディン・カンさんに共感!/チェン・ズさんのkawaii素顔」の巻

第七回
「イルミネーションの季節です/家族の関係に悩んだ出展作家ジェラルディン・カンさんに共感!/チェン・ズさんのkawaii素顔」の巻

いよいよ展覧会の会期は、11月25日(日)までと、残りあとわずか!
恵比寿ガーデンプレイスは、すっかり冬の装いです。

第七回は、リレートーク(https://twitter.com/top18aboutlove/status/1050279601979572224)と同日に行われたジェラルディン・カンさんとチェン・ズさん、お二人のインタビュー収録現場をレポートします。

中華、タイ、韓国料理、最近はカオマンガイ(アジア諸国で定番の、蒸し鶏と一緒にいただくお米料理)のテイクアウト・ランチがお気に入り。食事ではこんなにお世話になっているのに、なかなか現地には行けない! 日々、“旅に出たい熱”が高まるL子(仮)です。
中でも、シンガポールは両親のハネムーン先だったということもあり、子供の頃から勝手に親近感を抱いてきた国。そのシンガポール出身で、現在はニューヨークを拠点に活躍され、本展には自身の家族を撮影した作品<ありのまま (In the Raw)>を出展しているジェラルディン・カンさんのインタビューに立ち会えるのを、とても楽しみにしていたのです。

「家族の関係性があまりよくなかったから、ヌードを含むポートレイトを制作した」という撮影の背景を聞きながら、頑固になる一方の(と、私には見える)自分の母との関係を思って胸がチクっとしたり、万国共通の家族の悩みもあるんだろうな、などと思ったり……。

撮影をコミュニケーションの手段にして、家族と向き合い、その結果「大切なことは許すこと」だとわかったと語るカンさん。彼女の知性や快活な性格、そして、少しドジっ子感が垣間見える(トークイベント会場に、お財布を忘れて帰ってしまうような!?)チャーミングさは、きっと家族間の潤滑油になったのだろうと想像します。

学生時代に制作したこの作品をきっかけに、作家活動を本格化させたカンさんの眼差しは、“家族との距離感”というプライベートな対象から、家族とともに生活するお手伝いさんの存在や、そうした外国人労働者の存在へと移り、シンガポールという新興国ならではの社会の歪みへと問題意識も拡大しています。

展覧会公式Instagramには、進行中のプロジェクトで撮影した写真を投稿してくださったジェラルディンさん(https://www.instagram.com/p/BqPQlgxnMpb/)
華やかな経済発展にばかりに目が向いていましたが、外国人労働者の現状は、このところ日本でも盛んに取り上げられるトピック。シンガポールの現状を、もっと知りたくなります。

「家族問題」という共感ポイントがあるカンさんの作品に比べて、「自傷行為」をテーマにしているチェン・ズさんの作品は、今回の展示の中で個人的に遠い存在に感じていました。

ただ、タブーにも思えるテーマと向き合うチェン・ズさんとはどんな女性なのか? 89年生まれということは、豊かな時代を謳歌する新人類として中国で“80后(バーリンホウ)”と呼ばれた世代にあたるはず……と、色々な「なぜ?」も生まれます。

凛とした空気をまとって収録現場に現れたチェン・ズさんは、ブルーのニットが似合うクールビューティー。今回の出展作家の中で、最年少とは思えないほど落ち着いた雰囲気です。(https://aboutlove.asia/artists/chen-zhe/ インタビュー動画も是非ご確認を!)

「もう自傷が必要ではなくなった」というチェン・ズさんが、現在取り組んでいるテーマは「黄昏」。「夕暮れを見ると不安になる」感情に注目しているそうです。また、写真の枠を超え、立体やインスタレーションへと表現方法が広がっているお話もとても刺激的でした。強い好奇心に突き動かされる行動力から生み出される作品を、もっと見てみたいと思いました。

そして、はにかみながらも次々と発せられる
「最初に好きになったアニメは〈美少女戦士セーラームーン〉! 〈SLAM DUNK(スラムダンク)〉、〈ちびまる子ちゃん〉も大好き」
「〈ジョジョの奇妙な冒険〉が好きで、国立新美術館の〈荒木飛呂彦原画展JOJO 冒険の波紋〉にも行ってきました」
「声優では小野大輔さんが好き。(展覧会音声ガイドで)自分の作品を小野さんの声で説明してもらえる日が来るなんて……感激です」
という意外な漫画・アニメ好きエピソードに、思わず「来日スケジュールとJOJO展が重なって良かったですね(涙)!』と、握手を求めてしまったL子(仮)なのでした。

【愛について】展公式インスタグラムより。
大ファンという声優・小野大輔さんのナレーションによる音声ガイドを視聴するチェン・ズさん

2018-11-22T23:40:40+00:00