出品作家 | キム・オクソン2018-08-10T15:53:23+00:00

TOP > 出品作家 > キム・オクソン

出品作家

キム・オクソン (金玉善)

Kim Oksun  1967年 韓国・ソウル生まれ

キム・オクソン《ヒロヨとマイケル 2》シリーズ〈ハッピー・トゥゲザー〉より、2004年 東京都写真美術館蔵 © Oksun KIM
Kim Oksun, Hiroyo and Michael 2, from the series “Happy Together”, 2004 © Oksun KIM

1967年ソウル生まれ。1996年弘益大学産業美術大学院写真デザイン専攻修士課程修了。韓国・済州島に住む外国人と結婚したカップルを撮った〈ハッピー・トゥゲザー〉(2000-2004年)のシリーズで知られる、韓国を代表する写真家の一人。異文化との葛藤や調和、アイデンティティというテーマは、〈ハメルのボート(Hamel’s Boat) (2008年)〉で始まり、済州島に暮らす外国人のポートレイト〈ノー・ディレクション・ホーム(No Direction Home)(2009-2011年〉、済州島に持ち込まれて根付いた植樹のシリーズ〈輝くもの(The Shining Things)(2011年-)〉等にも引き継がれている。2017年に第8回イルウー写真賞(大韓航空)、2016年に第15回東江写真賞(東江国際写真フェスティヴァル)を受賞。個展に「Museum of Innocence」展(Goeun写真美術館、釜山、2016年)、「The Shining Things」展(ハンミ写真美術館、ソウル、2014年)、「No Direction Home」展(ハンミ写真美術館、2011年)他多数。国内外の芸術祭やグループ展にも多く招聘され、第1回済州島ビエンナーレ(2017年)、「パブリック・トゥ・プライベート:1989年以降の韓国美術における写真」展(国立近現代美術館、ソウル、2016年)、「カオティック・ハーモニー」展(サンタバーバラ美術館、2010年)他多数。済州島在住。

トークイベント

ホウ・ルル・シュウズ × キム・オクソン 
[出展作家によるリレートーク]

日時:2018年10月4日(木) 18:00-20:00
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:50名(整理番号順入場/自由席)
入場料:無料/要入場整理券
*当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します
*逐次通訳付き

Upcoming

展覧会キュレーターによるアーティスト解説を近日公開