About masterLove

This author has not yet filled in any details.
So far masterLove has created 57 blog entries.

NEWS 2018.12.10

映像レポートとして、出展作家によるリレートーク 「ホウ・ルル・シュウズ × キム・オクソン」のダイジェスト映像を公開しました。

2018-12-10T13:16:56+00:0012月 10日, 2018|

Video Report #5 映像レポート 「金仁淑(キム・インスク) × 須藤絢乃」

本展最後のリレートークには、在日韓国人の通う学校や家族を被写体に作品を制作する金仁淑 (キム・インスク)と、失踪した少女や理想の恋人像などに扮装してセルフポートレートを撮る須藤絢乃が登壇。各々がこれまでの活動について解説されたあとには、二人の作品に通底したテーマとも言える、アイデンティティやその模索について、本音を交えた対話が展開されました。 出展作家によるリレートーク(ダイジェスト) 「金仁淑(キム・インスク) × 須藤絢乃」 2018年11月17日に開催された、出展作家によるリレートーク「金仁淑(キム・インスク) × [...]

2018-11-23T18:13:15+00:0011月 23日, 2018|

NEWS 2018.11.23

映像レポート第三弾 として、 出展作家によるリレートークの「金仁淑(キム・インスク) × 須藤絢乃」ダイジェスト&フル動画を公開しました。 ブログ連載「L子(仮)の現場レポート」最終回「学芸員・山田さんのお仕事/みんな大好き!「ニァイズ」 /TOPの図書室は宝の山!」の巻 を公開しました。 2018.11.23 ブログ連載「L子(仮)の現場レポート」第七回「イルミネーションの季節です/家族の関係に悩んだ出展作家ジェラルディン・カンさんに共感!/チェン・ズさんのkawaii素顔」の巻 を公開しました。 2018.11.22 [...]

2018-11-23T18:18:59+00:0011月 23日, 2018|

L子(仮)の現場レポート 最終回 「学芸員・山田さんのお仕事/みんな大好き!「ニァイズ」 /TOPの図書室は宝の山!」の巻

最終回 「学芸員・山田さんのお仕事/みんな大好き!「ニァイズ」 /TOPの図書室は宝の山!」の巻 展覧会の会期も11月25日(日)までと、残りあとわずか! 最終回は、この展覧会をやり抜いた学芸員の山田さんのお仕事からお届けしたいと思います。 展覧会の準備は、キュレーターが何年もかけて行います。 【愛について】展は、企画者である笠原美智子さん(現・石橋財団ブリヂストン美術館副館長/前・東京都写真美術館事業企画課長)(https://aboutlove.asia/curator-interview/)から、今年の4月に山田裕理さん(東京都写真美術館学芸員)が引き継いで手がけました。(https://aboutlove.asia/curator-interview-yamada/)(そのプレッシャーたるや……ブログ第一回をご覧ください!) [...]

2018-11-22T23:39:35+00:0011月 23日, 2018|

L子(仮)の現場レポート 第七回 「イルミネーションの季節です/家族の関係に悩んだ出展作家ジェラルディン・カンさんに共感!/チェン・ズさんのkawaii素顔」の巻

第七回 「イルミネーションの季節です/家族の関係に悩んだ出展作家ジェラルディン・カンさんに共感!/チェン・ズさんのkawaii素顔」の巻 いよいよ展覧会の会期は、11月25日(日)までと、残りあとわずか! 恵比寿ガーデンプレイスは、すっかり冬の装いです。 第七回は、リレートーク(https://twitter.com/top18aboutlove/status/1050279601979572224)と同日に行われたジェラルディン・カンさんとチェン・ズさん、お二人のインタビュー収録現場をレポートします。 中華、タイ、韓国料理、最近はカオマンガイ(アジア諸国で定番の、蒸し鶏と一緒にいただくお米料理)のテイクアウト・ランチがお気に入り。食事ではこんなにお世話になっているのに、なかなか現地には行けない! 日々、“旅に出たい熱”が高まるL子(仮)です。 中でも、シンガポールは両親のハネムーン先だったということもあり、子供の頃から勝手に親近感を抱いてきた国。そのシンガポール出身で、現在はニューヨークを拠点に活躍され、本展には自身の家族を撮影した作品<ありのまま (In [...]

2018-11-22T23:40:40+00:0011月 22日, 2018|

Video Report #4 映像レポート 「ホウ・ルル・シュウズ × キム・オクソン」

台湾の大学で教鞭を執るホウ・ルル・シュウズ と、済州島を拠点に世界的に活躍する韓国の キム・オクソンはそれぞれの国を代表する作家です。今回のトークでは、お二人の作品の背後にある、歴史や社会制度に対する問題意識について、じっくりと語ってくださいました。 出展作家によるリレートーク(ダイジェスト) 「ホウ・ルル・シュウズ × キム・オクソン」 2018年10月4日(木) [...]

2018-12-10T13:12:35+00:0011月 21日, 2018|

Video Report #3 映像レポート 「チェン・ズ × ジェラルディン・カン」

自傷行為をテーマに写真とテキストで作品を制作した中国・北京出身のチェン・ズと、家族を被写体に”裸”のポートレイトを撮ったシンガポール出身のジェラルディン・カン。本展出品作家の中で最も若手の二人は、息もぴったりとあった様子で、各々のトークは進行中の作品制作についてから、個人から社会へと広がっていく問題意識の変遷へと広がっていきました。 出展作家によるリレートーク(ダイジェスト) 「チェン・ズ × ジェラルディン・カン」 2018年10月5日(金) に開催された出展作家によるリレートーク「チェン・ズ × [...]

2018-11-21T01:30:40+00:0011月 21日, 2018|

Video Report #2 映像レポート 「小勝禮子× 笠原美智子」

元栃木県立美術館館学芸課長の小勝禮子氏と、「愛について アジアン・コンテンポラリー」展企画者である笠原美智子氏は、フェミニズムやジェンダーの視点による美術展を企画してきたこの分野の牽引者であり、またお互いに盟友と認め合う存在です。そのお二人が、これまで挑んで来られた果敢な取り組みについて語ってくださいました。 ゲスト対談(ダイジェスト) 「小勝禮子× 笠原美智子」 2018年10月13日(土) に開催されたゲスト対談「小勝禮子(近現代美術史・美術批評) × 笠原美智子(石橋財団ブリヂストン美術館 [...]

2018-11-21T01:31:18+00:0011月 21日, 2018|

NEWS 2018.11.18

「関連書籍&グッズ」の第四回、「 09 –14 出品作家の関連書籍 特集・第二弾 」を公開しました。

2018-11-18T10:36:37+00:0011月 18日, 2018|