リレー連載 My亜細亜なう2018-11-09T22:52:35+00:00

番外編(東京都写真美術館ニュース別冊「ニァイズ」・出張版)
「TOP」×「アジア」
×「コンテンポラリー」

ゆく人来る人、TOPに若い季節が到来だニャ。。

続きを読む
PDFをダウンロードする [2MB]

本編を掲載した東京都写真美術館ニュース別冊「ニァイズ vol.95 〈最年少学芸員いきなり大パニックの巻〉」は11月21日(水)発行予定です。
館内で配布しておりますので、ぜひ、本誌もお手にとってお楽しみください!

第三回
「お茶」×「アジア」
×「コンテンポラリー」

お茶を通して知った“全力の優しさ”

藤森陽子 (ふじもり ようこ・写真と文)
フリーライター。フードを中心にライフスタイル誌や女性誌などで執筆。台湾茶にはまったことを機に渡台を重ね、「BRUTUS」「an・an」「Hanako」などの台湾特集も担当する。コーヒー、紅茶、台湾茶をこよなく愛し、昼間のカフェインを夜のお酒で洗い流す嗜好系ライター。

続きを読む
PDFをダウンロードする [13MB]

第ニ回
「映画」×「アジア」
×「コンテンポラリー」

世界の映画祭を席巻!
パーソナルな物語を語る新世代の映像作家たち

立田敦子 (たつた あつこ・文)
映画ジャーナリスト/評論家 雑誌や新聞、WEBサイトなどで批評やインタビュー、映画祭レポートなどを手がける。著書に『どっちのスター・ウォーズ』、『おしゃれも人生も映画から』(ともに中央公論新社)など。

ジャ・ジャンクー監督最新作『Ash is Purest White』より。

ジャ・ジャンクー監督最新作『Ash is Purest White』より。

映画界にもファッション界と同じように、流行というか、大きな流れがある。その時代の空気が反映されるのが、国際映画祭だ。特に、

続きを読む
PDFをダウンロードする [5MB]

第一回
「デザイン」×「アジア」
×「コンテンポラリー」

スーパーマーケット商品のデザインに見る
アジアの先走り感

渡部千春 (わたべ ちはる・写真と文)
デザインジャーナリスト。1969年生まれ。東京造形大学准教授。著書に『これ、誰がデザインしたの?』『続・これ、誰がデザインしたの?』(美術出版社)、『北欧デザイン』(プチグラパブリッシング)、『日本ブランドが世界を巡る』(日経BP社)など。

さて問題です。
この写真に写る商品はなんでしょう?

答えは上海のコンビニで見た、シーソルトキャラメルクッキー風味の

続きを読む
PDFをダウンロードする [9MB]